2007年07月10日

身体障害者手帳の活用

 誰でも健康な体でいられたら、それに越したことはありません。しかし、高齢化社会が進み、また、高度医療を施した結果、助かった生命に障害が残ってしまうこともあります。そのような結果になった場合、不幸を嘆きたくなる気持ちはよくわかります。それよりも、受けられる福祉制度は積極的に利用して、前向きに生きていく努力をしたいと、これは自分自身の願いでもあります。

 私が身体障害者手帳の等級変更を希望した理由は、「身体障害者駐車禁止除外指定車」の申請をするためだったのです。これは、所有する車のナンバーを印刷してパウチ(カバー)して、ステッカーとして交付されます。
これを車のフロントガラスに面して内側から掲示しておくと、駐車禁止の標識がある場所でも車を止めることができるのです。もちろん、ステッカーの使用は、まわりの交通事情など常識をわきまえて行うことが大切です。また、これは「公文書」に値しますので、取扱には十分気をつける必要があります。

 駐車ステッカーの交付手続きは、都道府県の福祉協会へ郵送してもできますが、管轄の警察でも手続きをすることができます。手続きのためには、住民票・運転免許証・身体障害者手帳・車検証・印鑑そして車庫証明になるもの(軽自動車は車が車庫に止まっている写真2方向)が必要になります。詳しくは、管轄の福祉協会か警察へ照会してください。

 ここで手数料に興味深いものがあります。福祉協会で手続きをする場合、いくらかの手数料がかかる(ところによって金額が違います)のですが、警察の交通課ですると無料になるのです。ステッカーの更新は3年ごとです。私は昨年秋に更新したときは警察へ出向き、手数料が無料と聞いて驚きました。なぜ警察だと無料なのか、その理由は調べた限りではわかりません。

 そのほか、高速道路などの有料道路の通行料が半額になるという制度もあります。以前は、チケット制でしたが、いまでは身体障害者手帳の備考欄に車の番号を記載してもらい、それを料金清算のときに提示すると半額になるのです。これは2年ごとの更新で、市役所の福祉担当窓口で無料でできます。

 そのほか、映画館やイベント会場の入場券の割引があるところもあります。また、公共施設やスーパーの駐車場の車椅子マークがついているスペースにも優先して止めることができます。
 もちろん、障害者が外出すること自体、大変な労力がいることです。いくら制度を利用したくても外出できる状況にない人もいて、絵に描いた餅になってしまうこともあります。いまの私もそれに近い状況にいます。それでも、いろいろな制度を知っておくとなにかの役に立つのではと思いたいのです。


posted by 障害者手帳 at 23:27| 身体障害者手帳